6.16中川優羽撮影会レポート


中川優羽

6月16日の中川優羽撮影会のレポートです。

例えば撮影会当日の天気予報が雨50%だと非常に悩みます。
開催するべきか、中止にするか・・
撮影会前日は天気予報をみつつ、よくわからない気圧配置図まで眺め
胃を痛くするものです。

今回、撮影会の前日、主催者はのんびり落ち着いていました。
晴れ予報だったんです。

当日朝起きると、
・・・・・・げっ!!!
雨になってる!!17時まで弱雨!!!

やい!気象庁!!

そんな訳で屋内からの開始です。

ミルフルール初登場の中川優羽さんです。
中川優羽
職業 きれいなお姉さん

話し方もふんわりしていて良い感じです。
中川優羽
ふと外を見ると誰も傘をさしていなかったり、

2部は外だな!なんて思っているとまた降っていたり、、

微妙な天気です。

やい!気象庁。

東京湾の生き物たちの前でパシャリ
中川優羽
白く飛んじゃってますけど、目線の先にはカニ。

ピンクのワンピースがモノトーンの通路に映えますね。
中川優羽
素敵な写真沢山だったので合成しちゃいました。
ホントは上の方まで行ってません。(><)

合成といえば、今回のタイトルバックも実際は立ってる写真です。
まぁそれはすぐ判るかと思うので、ネックレスを下に垂らしてみたり
羽を乗せてみたり「ナゾな写真」にしてみました。

2部は、雨もやんだので表へ♪
中川優羽
雨のお陰でほとんど人がいません。
雨で良いこともあるもんです。
中川優羽
何故か乾いている木のベンチに座って。
中川優羽
ここでまた雨が降って来ました。

橋の下に避難!

中川優羽
しまった。橋と判る写真を撮るのを忘れてました。

なんか青い橋があったんですよ。

そこにはカニ達が!!
カニ
主催者、甲殻類大好きなんです。触るのも食べるのも。
小学生の頃、タカアシガニをペットに出来ないか真剣に考えたこともありました。

タカアシガニ
参考写真 タカアシガニ
タカアシガニ(高脚蟹・学名Macrocheira kaempferi)は、
十脚目・短尾下目・クモガニ科に分類される蟹。日本近海の深海に生息する巨大な蟹で、
世界最大の現生節足動物である。 WIKIより。

かわいいー

さて、カニを捕まえたり、逃げられたりしつつ撮影は続きます。
中川優羽

ここからは3部

今度こそ雨はやみました。

中川優羽
日本庭園での撮影です。さすが優羽ちゃん。
どんなシチュエーションもこなします。

雨がやんだどころか、強い日差しまで出て来ました。
あぁ今まで順光逆行関係なく撮影できていたのに・・

中川優羽

中川優羽
暑いので一休み♪
みたいな写真になってますね。

実際暑かったです。
中川優羽
撮影を待つカメラマンが日陰で待機するくらい。

何やってるの?って写真ですが
観覧車を挟んでいるところです。
中川優羽
レフを持つ主催者の場所からだと、観覧車がずれて
何やってるのって写真ですが・・

優羽ちゃんの人柄で終始笑いの絶えない楽しい撮影会になりました。
皆様の写真が楽しみです!

 

他のレポートを読む   TOPに戻る